top of page

中高年世代の動画編集ってどう?




中高年の方で、退職間近なので何か手に職を付けたいとか、給料が上がらないので、もう少し収入を増やしたいと考えておられる方のために、動画編集のお仕事のお話しをします。


1. 動画コンテンツ市場は伸びている

動画編集は、インターネットやスマートフォンの普及に伴って、ますます需要が高まっている市場です。動画は、テキストや静止画よりも情報量が多く、視覚的に訴求力が高いメディアです。また、5Gの出現によって、高画質や高速な動画配信が可能になります。

このように、動画編集は伸びている市場であり、自分のスキルや知識を常に更新し、最新のトレンドや技術に対応できれば、収入も増やしやすい分野です。


2. 手に職がつき個人でも稼ぎやすい

動画編集は、動画編集ソフトの使い方や映像の見せ方など、専門的なスキルが必要です。しかし、一度身につければ、個人でも仕事を受注しやすくなります。

例えば、クラウドソーシングサイトやSNSなどで自分の作品を発信したり、クライアントと直接契約したりすることができます。また、自分でYouTubeなどの動画配信サイトにオリジナルの動画をアップして収益化することも可能です。

会社や組織に依存せず、自分のペースで仕事ができるという自由度も高いです。


3. クリエイティブな仕事で起業できる

動画編集は、クリエイティブな仕事です。動画編集では、映像の構成や演出、音楽やテキストなど、さまざまな要素を組み合わせて、オリジナルの動画を作ります。自分のセンスやアイデアを発揮できる仕事です。

自分で起業して動画制作のサービスを提供することができます。

動画編集は自分の好きなことを仕事にできる仕事であり、自分の作品に誇りを持ち、やりがいを感じることができます。


4. 自分の作品として成果物が残る

動画編集は、自分の作品として成果物が残る仕事です。動画編集では、自分が手掛けた動画がインターネット上にアップされたりします。そのため、自分の頑張りを実感することができます。

また、自分の作品を沢山の人に見てもらえます。例えば、YouTubeなどの動画配信サイトでは、視聴者からコメントや評価が寄せられ、そのフィードバックを参考にして、自分のスキルを向上させることもできます。モチベーションアップにもつながります。


まとめ

動画編集業務は、伸びている市場であるため成長しやすく、手に職がつき個人でも稼ぎやすい分野です。また、自分の作品として成果物が残るという特徴があります。

しかし、動画編集業務にはPC操作などのスキルが必要であり、仕事量のわりに報酬が少ない場合もあります。また、クライアントからの修正が多かったり、納期に追われたりするストレスもあります。


さらに、動画編集業務には、専門的なスキルや知識だけでなく、コミュニケーション力や営業力も必要です。

この部分は、長年、実社会で培ってこられた中高年世代の方の経験が必ず役に立ちます。若い世代の人には中々できない部分です。


そして、若い世代よりも、中高年の方のほうが、編集のお仕事に粘り強く取り組む傾向があります。個人差や案件によっても変わってくると思いますが、動画編集業務に興味があるなら、こういったことを考慮し、自分に合っているか判断してみてください。


自宅にいながら仕事ができる時代。

これからは、自分の力で、自分のために働きましょう!

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page