top of page

初心者がクラウドワークスで案件をゲットする方法




今回は、初めてクラウドワークスの案件にチャレンジする場合の注意点や、

初心者でも案件が獲得できるポイントについて説明します。


クラウドワークスは、国内最大級のクラウドソーシングサービスです。

自宅や外出先でインターネットを使ってお仕事ができるので、副業や在宅ワークに最適です。

しかし、初めて案件に申し込む場合は、注意しなければならないことがいくつかあります。

クラウドワークス初心者が、案件に申し込む際の5つの注意点と、案件獲得についてのアドバイスをさせていただきます。


1. プロフィールの文章を作成する


クラウドワークスの自己PR欄には、自分の経歴やスキル、得意な分野、過去の実績などを書きこみます。また、希望する仕事のカテゴリーや、時間単価設定、稼働可能な時間数も明確にしましょう。


これらの情報は、発注者が受注者を選ぶ際の判断材料になります。

プロフィールの文章は、具体的で分かりやすく、しっかり書き込んでください。

誤字脱字がないように注意しましょう。


2. 募集条件が設定されている場合は確認する


例えば、「承認率〇〇%以上の人限定」や「特定の地域在住の人限定」などです。

募集条件が設定されている場合は、自分がその条件に当てはまるかどうかを確認してから申し込みましょう。条件に当てはまらない場合は、申し込みができないか、非承認になる可能性があります。


3. 作業内容や注意事項をよく読む


作業内容は、案件の詳細ページに記載されています。

作業内容には、依頼される仕事の内容や納期、報酬額などが含まれます。

注意事項には、情報漏洩の禁止や文章で使える記号の種類などが含まれます。

作業内容や注意事項を確認せずに申し込んだり作業したりすると、トラブルや非承認の原因になります。

もし、不明点があれば、事前に発注者に質問することもできます。


4. 仮払いされてから仕事を開始する



5. 単価が低すぎる案件に注意する


単価が低すぎる案件とは、作業量や難易度に対して報酬額が不釣り合いに安いものです。

単価が低すぎる案件に申し込むと、時間や労力の無駄になるだけでなく、品質や信頼性に問題がある可能性もあります。

単価が低すぎる案件に申し込む前に、自分のスキルや市場価値を見極めましょう。


案件選びのポイント

金額的に条件が良い案件には、多くの動画編集者が応募してきます。

動画編集の仕事を始めたばかりの人は、実績もなく、何人もの応募者の中から選ばれる可能性は低くなります。


応募者の少ないものを選ぶと、競争率が低くなり、受注しやすくなります。

ただし、応募者の少ない案件は、単価が極端に低かったり、作業内容が難しかったりする場合もあるので、注意してください。

クライアントさんのプロフィールや、今までの募集実績件数、総合評価などを良く調べてください。自分の実力に見合ったお仕事を選びましょう。


以上が、クラウドワークスで初めて案件に申し込む場合の注意点です。

クラウドワークスは、自分に合ったお仕事を見つけられる魅力的なサービスです。

初心者はトラブルや失敗に気をつけましょう。

出来れば、認定クライアントさんや法人クライアントさんの案件だと安心なのですが、

最初はなかなか難しいと思います。

少しずつ受注実績を重ねることで、単価の高い案件や、継続的に受注できる継続案件が獲得できるようになります。

最初は大変ですが、ここが踏ん張りどころです。

がんばりましょう!





閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page