top of page

開業準備が可能性を広げる

動画編集者として独立起業する場合、準備しておくべきことが沢山あります。

しかし、できるだけお金をかけずに、営業ツールは自分の力で準備したいものです。

この開業準備の経験が、それ以降のあなたの可能性を、大きく広げることになります。

今回は、このことについてお話します。




開業時に準備するもの

開業時に準備するものとしては、クライアントさんにポートフォリオ動画を見てもらうためのYouTubeチャンネルや、SNS、クリエイターとしての自分を紹介するためのホームページなどがあります。

また、オフライン営業で使う、名刺やパンフレットなども必要です。


YouTubeチャンネルやSNSは、無料で作れますし、ネット上で簡単に作れる無料のホームページもあります。


ところで、オフライン営業で、クライアントさんに直接お会いするときに、欠かせないのが名刺やパンフレットです。

こういった営業ツールを準備する時は、Adobe Creative Cloudに入っている各種ソフトが役に立ちます。

イラストレーターやフォトショップを使って、名刺やパンフレットのデザインを作り、作ったデータを、ラクスルなどのウェブ印刷の会社に送って印刷してもらえば、安い料金で営業ツールを準備することができます。


アドビのソフトを使いこなす

動画編集には欠かせないプレミアプロですが、せっかく高いお金を払ってコンプリートプランを使っているなら、そのほかのソフトも使いこなさないと、もったいないですよね。

ユーチューブには、使い方を解説している、チュートリアル動画が沢山公開されています。

その動画を見ながらプレミアプロ以外のソフトの使い方もマスターしていきましょう。


準備した時のノウハウが仕事の幅を広げる

私の経験談で恐縮なのですが、現在の仕事を立ち上げた時、できるだけお金をかけないように、ホームページや名刺などは自分で作りました。

それなりに勉強は必要でしたが、勉強をやったおかげで、開業したばかりの税理士の先生のホームページや、名刺を作らせてもらうことになり、お金をいただくことが出来ました。


このことをきっかけに、動画編集だけではなく、チラシやパンレットの作成、プリントTシャツの販売、ランディンクページやサムネイルの作成など、自分が仕事としてお客さまに提供できるサービスの幅が広がりました。


まとめ

自分が開業準備で勉強したことや、経験したことが、そのまま仕事になって行きます。

是非、楽しみながら開業に向けて準備を進めて行きましょう。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page