top of page

AIを使った動画制作

Adobe Expressでオーディオからアニメーションを自動作成




Adobe ExpressはAdoveが2021年12月にリリースした初心者でも簡単に画像編集ができる無料のソフトです。


10万点以上のテンプレートや、おしゃれなデザイン素材、Adobe Stockの写真素材を活用して、簡単に魅力的なコンテンツを誰でも作ることができます。Web版とモバイルアプリ版が利用可能です。


2022年7月にビデオ作成機能が公開されましたが、その後、音声に合わせて自動的にアニメーションを作る機能が追加されました。今まではAdobeキャラクターアニメーターを使ってアバーターのアニメーションを作っていましたが、作業工程が簡単になったとのことなので、試作品を作ってみました。



手順1

ChatGPT で「AIを使った動画制作の手順紹介動画を作る」というテーマで、アバターが話すナレーション原稿を作ります。


手順2

音声読み上げソフトVOICE VOXを立ち上げ、ChatGPTで作ったナレーション原稿を読み上げてもらいます。音声データの完成です。


手順3

Adobe Expressのメイン画面からログインし、「アニメーションを作成」のアイコンをクリックします。


・既にソフト内に用意されているアバターから、キャラクターを選択し、同時に背景となる壁紙を選択します。


・キャラクターに話してもらう音声をデータを選択します。(録音データ、音声データは2分以内のものになります)


・「オーディオからアニメーションを実行」をクリックすると、約1 分でVチューバーがしゃべるアニメーションが完成。動画として書き出します。


手順4

Adobe Premiere Proを立ち上げ、Adobe Expressで書き出した動画データをタイムラインに配置します。


・Premiere Proの自動文字起こしを起動し、テロップを自動的に作ってもらいます。(テロップの修正は手作業になります)


・タイムラインにBGMを配置し、YouTubeアップ用の動画を書き出し完成しました。



今のところ2分以内のナレーションにしか対応していませんので、尺の長いビデオ作品を作る場合は、何本かに分けてビデオデータを書き出し、Premiere Proなどの編集ソフトでつなぎ合わせる作業が必要になります。

しかしながら、アバターや背景のイラストについては選択肢が多く、素材自体がおしゃれに仕上がっていますので、作品自体も質の高いものになりました。


その他にも、ロゴデザインやチラシ作成、SNSへの投稿作品なども制作できるので、今後、このAdobe Expressも積極的に活用したいと思います。

 

Adobe Expressの公式サイトはこちら

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page